中学受験で塾の先生や家庭教師は、きめ細かく丁寧な姿勢で生徒に接している。
中学受験には塾や家庭教師に頼る必要性がある

中学受験には塾や家庭教師に頼る必要性がある

高校受験と大学受験は、学校の授業で習う科目の内容から出題されます。その為塾や家庭教師に頼ることなく、自分で勉強すれば合格できます。つまり、学校の授業を完璧にすればいいのです。

しかし、中学受験は塾や家庭教師に頼る必要が多々あります。
普通に考えれば中学受験の内容は、小学校で学習した事が出題されると思いがちです。しかし実際は、中学で習う数学も含まれていたり、植木算や鶴亀算などと呼ばれる特殊算は、かなりの頻度で出題されるのです。

また、中学受験では問題量も多く、短時間で解かなければならず、一問でも多く正解をしなければ合否に響きます。この問題を早く確実に点数を取れるように訓練するには、家庭では無理なことです。
やはり、塾や家庭教師に頼り、問題を解くテクニックや知識を教えてもらい、演習を重ね実践力を付ける事です。

さらに、塾はそれぞれの中学受験の問題の傾向を把握しているので、対策が出来ているのです。また塾の先生や家庭教師は、きめ細かく丁寧な姿勢で生徒に接しているので、子供の不安などにも気づきやすく、生徒との対話も大切にしてくれます。また家庭との連絡も密になっているので、中学受験の相談にも応じてくれるので、とても心強い存在です。

お知らせ

【2016年12月01日】ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る